厄除開運・八方除の妙見様の御本宮

千葉神社

妙見本宮千葉神社

神事

神事

例祭 妙見大祭
8月16日~22日

宮入りの境内

千葉神社で最も大きなお祭りは、夏の例祭「妙見大祭(みょうけんたいさい)」です。このお祭りは大治2年(1127年)に第1回が始まって以来、一度も途切れることなく続けられており、平成28年には節目の第890回を無事に終え、本年平成30年の第892回を迎えようとしています。

このお祭りでは、初日である8月16日にお神輿が神社を出て、亥鼻山の麓の御仮屋に一週間逗留し、最終日である8月22日(22日は妙見様のご縁日)に再び神社へと戻ってきます。お祭りが七日間に及ぶのは、妙見様のお姿の一つである北斗七星に因んで、その七つの星の一つ一つに願いを掛ける願掛けのお祭りだからです。
ゆえにこの一週間は「何か一言願をかければ、その願いは必ず達成される」という言い伝えが残っており、別名「一言妙見大祭(ひとことみょうけんたいさい)」とも呼ばれています。

お祭りのスケジュール

平成30年のお祭りのタイムスケジュールは以下のリンクよりご覧いただけます。

お神輿 順路図

お神輿の順路は、16日と22日でそれぞれ異なります。

神社までご来社いただければ、順路図は随時お渡しできます。

授与品

例祭の期間に限り、特別な授与品を頒布しております。

  • 願掛けに関わる「ねがい鳥・かない鳥」に因んだ授与品
  • 例祭期間中のみの心願成就の願掛け絵馬
  • 災難を除け活力を与える、担ぎ手たちも首から下げる「豆札」
  • 鳳凰がくわえた稲穂から奉製した「福徳の稲穂」

例祭の回数が入った授与品は、豆札(右写真)のみとなります。
豆札は8月16日朝8時30分よりの頒布となります。

本年平成30年は8月16日の午後3時頃、全ての豆札200体の頒布が終了しました。

福徳の稲穂は、御神前とお神輿に七日間お供えされていた稲穂から神職が奉製する特別な授与品となります。
例祭終了後、翌8月23日の13時よりの頒布となり、数に限りがあります。

平成29年まではお神輿の鳳凰を8月16日に一旦降ろしていた為、稲穂の頒布も8月17日からでした。
平成30年より、御仮屋建替えに伴って鳳凰・稲穂も七日間お供えされたままとなりますので、8月23日からの頒布のみへと変更になります。ご注意下さい。

BACKTOP